トランシーノの薬用ホワイトニングエッセンス - 肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)治療をする前に知っておきたい事

肝斑(かんぱん)とはいったいどんなシミなのでしょうか。

肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)についての基礎知識からその改善方法についてご紹介しています。

肝斑(かんぱん)治療をする前に、肝斑(かんぱん)とはどんなシミなのか、自分のシミはどのタイプなのか、そしてその治療方法はどんなものがあるのか、是非知っておいて下さい。

  • 肝斑(かんぱん)とは
  • 肝斑(かんぱん)の治療方法。
  • トランシーノについて。
などのご紹介をしております。

肝斑(かんぱん)と一般的なシミの違い

キーワード

一般的なシミの原因が紫外線による色素沈着であるのに対し、肝斑(かんぱん))の原因は、紫外線ではなく女性ホルモンバランスが影響していると言われています。

肝斑(かんぱん))のできやすい年齢は30〜40代、特に妊娠や出産時にできることが多いのです。また、ピルを服用していると、肝斑(かんぱん)ができることもあります。

これらのことから女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。このプロゲステロンのバランスが崩れる時期、妊娠初期やピルの使用時に肝斑(かんぱん)が発症してしまうことが多いのです。

50歳を過ぎて閉経を迎えるとシミは薄くなって自然に消えることもあります。 これらのことから、普通のシミのように外部からレーザー治療をすると、逆効果になるので内服薬で体の内側から改善することが推奨されているのです。

ところで、肝斑という名前の由来ですが、「シミの色が肝臓の色に似ているから」という説があります。しかし、肝臓の病気とはなんら関係がありませんのでご安心下さい。


トランシーノの薬用ホワイトニングエッセンス

トランシーノには、肝斑(かんぱん)に効くと言われているトラネキサム酸が配合されています。

トラネキサム酸は、肝斑の原因であるメラニンの生成を促進する、メラノサイトを抑制する働きがあり色素沈着を抑えます。

皮膚科でも肝斑(かんぱん)治療に処方されている成分です。

トランシーノの内服薬を飲みながら化粧水もトランシーノというのがベストのような気がしてました。

トランシーノの薬用ホワイトニングエッセンスの特徴とご注意


⇒メラニンの生成を抑制し、肌のキメを整え潤いを与えます。

◆メーカー◆第一三共ヘルスケア
●“美白有効成分”トラネキサム酸が、メラニンをつくらせる情報、すなわち『しみ情報(プロスタグランジン等)』をブロックすることで、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。
●“うるおい成分”クワエキス ・パンテテインスルホン酸Caが、うるおいを与え透明感のある肌へ導きます。
●“角質層リファイン成分”トレハロース硫酸Na・poly(MPC)※を配合。角質層のキメの乱れを整えるとともに、高い水分保持能で肌にうるおいを与えます。
※ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液
●低刺激性、無香料、無着色、アレルギーテスト済み。※
※すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません
●伸びがよく、白浮きせず、べたつかないさっぱりした使用感です。
【有効成分】トラネキサム酸
【使用方法】毎日のお手入れ時に化粧水などでお肌を整えた後、清潔な指先に適量を取り、気になる部位を中心にやさしくなじませて下さい。


この説明を見てもわかるように、これから出来るしみに対しては、トラネキサム酸は効果があるのでしょうが、既に出来ているしみやかんぱんには効果があるの?と疑問に感じ始めた時期がありました。
しみを薄くするのはお肌の漂白ともいわれるハイドロキノンが一番とも言われていますし、ハイドロキノン配合の美白化粧品の方が効果があるんじゃないか?

そう思ってハイドロキノン配合の化粧品の評判を探し始めたのでした。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 肝斑(かんぱん)治療をする前に All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます