肝斑(かんぱん)はレーザー治療で治るの? - 肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)治療をする前に知っておきたい事

肝斑(かんぱん)とはいったいどんなシミなのでしょうか。

肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)についての基礎知識からその改善方法についてご紹介しています。

肝斑(かんぱん)治療をする前に、肝斑(かんぱん)とはどんなシミなのか、自分のシミはどのタイプなのか、そしてその治療方法はどんなものがあるのか、是非知っておいて下さい。

  • 肝斑(かんぱん)とは
  • 肝斑(かんぱん)の治療方法。
  • トランシーノについて。
などのご紹介をしております。

肝斑(かんぱん)と一般的なシミの違い

キーワード

一般的なシミの原因が紫外線による色素沈着であるのに対し、肝斑(かんぱん))の原因は、紫外線ではなく女性ホルモンバランスが影響していると言われています。

肝斑(かんぱん))のできやすい年齢は30〜40代、特に妊娠や出産時にできることが多いのです。また、ピルを服用していると、肝斑(かんぱん)ができることもあります。

これらのことから女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。このプロゲステロンのバランスが崩れる時期、妊娠初期やピルの使用時に肝斑(かんぱん)が発症してしまうことが多いのです。

50歳を過ぎて閉経を迎えるとシミは薄くなって自然に消えることもあります。 これらのことから、普通のシミのように外部からレーザー治療をすると、逆効果になるので内服薬で体の内側から改善することが推奨されているのです。

ところで、肝斑という名前の由来ですが、「シミの色が肝臓の色に似ているから」という説があります。しかし、肝臓の病気とはなんら関係がありませんのでご安心下さい。


肝斑(かんぱん)はレーザー治療で治るの?

肝斑(かんぱん)の改善には、一般的なシミの治療方法ではダメというお話をしてきました。

それでは、シミの治療に有効とされているレーザー治療も肝斑(かんぱん)には効果がないってことになりますよね。

レーザー治療の仕組みと肝斑(かんぱん)の関係を抑えておきましょう。

レーザー治療のしくみ

シミでお悩みの方は、最近レーザー治療が有効と言う話を耳にしたり、実際に行った知人に勧められたりすることもあると思います。

シミ有効とされるレーザー治療のしくみとは、皮膚の組織をレーザー光線によって焼きとる、シミの部分を削り取るという方法です。

焼きとるので、熱い!痛い!というイメージがあるでしょうが、メスで切り取るのとは違い、痛みも少なく麻酔も必要がないとされています。

実際にレーザーでシミの治療をした友人は、数日治療した箇所が赤く腫れていたそうですが、化粧をすれば隠れる程度でした。

ところが、同じシミの一種である肝斑(かんぱん)にレーザーを当てると、逆に悪化させるのです。

これには、肝斑(かんぱん)が日焼けによるシミや老化によるシミと違い、ホルモンなどの内的要因を原因とするところにあります。

しかも、日焼けや老化によるシミと、肝斑(かんぱん)が同居しているケースも少なくありません。

この場合、レーザー治療によって、通常のシミは取れても、シミが濃くなって初めてかんぱんだったと気がつくこともあります。

レーザー治療を受ける前に、肝斑(かんぱん)の改善を優先させるべきです。

肝斑(かんぱん)の治療は内服薬が有効なのですが、代表的なトランシーノが人気です。

もちろん、薬局やマツキヨなどのドラッグストアでも売っていますが、楽天などのネットショッピングは格安で売っているお店も多いですよ。

ネット通販での、医薬品販売は禁止される方向のようですが、そうなると困る人も大勢いるでしょうに。なんとか見直しされないでしょうか。

 

トランシーノの格安通販

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 肝斑(かんぱん)治療をする前に All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます