肝斑(かんぱん)の治療〜内服薬で治療 - 肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)治療をする前に知っておきたい事

肝斑(かんぱん)とはいったいどんなシミなのでしょうか。

肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)についての基礎知識からその改善方法についてご紹介しています。

肝斑(かんぱん)治療をする前に、肝斑(かんぱん)とはどんなシミなのか、自分のシミはどのタイプなのか、そしてその治療方法はどんなものがあるのか、是非知っておいて下さい。

  • 肝斑(かんぱん)とは
  • 肝斑(かんぱん)の治療方法。
  • トランシーノについて。
などのご紹介をしております。

肝斑(かんぱん)と一般的なシミの違い

キーワード

一般的なシミの原因が紫外線による色素沈着であるのに対し、肝斑(かんぱん))の原因は、紫外線ではなく女性ホルモンバランスが影響していると言われています。

肝斑(かんぱん))のできやすい年齢は30〜40代、特に妊娠や出産時にできることが多いのです。また、ピルを服用していると、肝斑(かんぱん)ができることもあります。

これらのことから女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。このプロゲステロンのバランスが崩れる時期、妊娠初期やピルの使用時に肝斑(かんぱん)が発症してしまうことが多いのです。

50歳を過ぎて閉経を迎えるとシミは薄くなって自然に消えることもあります。 これらのことから、普通のシミのように外部からレーザー治療をすると、逆効果になるので内服薬で体の内側から改善することが推奨されているのです。

ところで、肝斑という名前の由来ですが、「シミの色が肝臓の色に似ているから」という説があります。しかし、肝臓の病気とはなんら関係がありませんのでご安心下さい。


肝斑(かんぱん)の治療〜内服薬で治療

肝斑(かんぱん)の治療方法は、シミの治療方法とは違うことをまず知っておきましょう。

シミの治療方法

一般的なシミの治療方法は、その原因であるメラニン色素やその元であるメラノサイトに何らかの働きかけをします。

その方法として、日頃の生活の中での紫外線予防やビタミンCの補給をしながら、レーザー治療でメラニン細胞を破壊する方法や、肌のターンオーバーを促すケミカルピーリングなどが代表的です。 シミの場合は、体の内側と言うよりも、シミそのものに何らかの対処をする事が最近では効果が高いでのです。しかし、同じシミの一種である肝斑(かんぱん)にレーザー治療などをしても逆効果になりますので注意して下さい。

肝斑(かんぱん)の治療方法

肝斑(かんぱん)の場合は「日頃の生活の中での紫外線予防やビタミンCの補給」という点では、通常のシミの治療方法と同じですが、それだけでは改善されないでしょう。
シミの治療方法である、レーザー治療をしてしまうと、余計に色が濃くなることがあります。

肝斑(かんぱん)の場合には、トランシーノに代表されるトラネキサム酸含有の内服薬が効果的です。トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ち、シミの原因であるメラノサイトを活性化させるプラスミンの働きをブロックする働きがあります。

つまり、メラニンを作り出す前段階で肝斑の発生を抑える働きがあると考えられています。

また、トランシーノに含まれるL-システインは、皮膚の新陳代謝を促進してターンオーバーを早める働きがあります。と同時にメラニンが作られる段階で必要なチロシナーゼという酵素を抑える働きもあります。

このように、肝斑(かんぱん)の治療は内服薬で体の内側から肝斑(かんぱん)の発生を抑えるということになります。

肝斑(かんぱん)の治療〜内服薬で治療をご紹介しましたが、 塗り薬や手術などの外用療法のお話はこちら。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 肝斑(かんぱん)治療をする前に All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます