シミの種類とその対策 - 肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)治療をする前に知っておきたい事

肝斑(かんぱん)とはいったいどんなシミなのでしょうか。

肝斑(かんぱん)治療をする前に

肝斑(かんぱん)についての基礎知識からその改善方法についてご紹介しています。

肝斑(かんぱん)治療をする前に、肝斑(かんぱん)とはどんなシミなのか、自分のシミはどのタイプなのか、そしてその治療方法はどんなものがあるのか、是非知っておいて下さい。

  • 肝斑(かんぱん)とは
  • 肝斑(かんぱん)の治療方法。
  • トランシーノについて。
などのご紹介をしております。

肝斑(かんぱん)と一般的なシミの違い

キーワード

一般的なシミの原因が紫外線による色素沈着であるのに対し、肝斑(かんぱん))の原因は、紫外線ではなく女性ホルモンバランスが影響していると言われています。

肝斑(かんぱん))のできやすい年齢は30〜40代、特に妊娠や出産時にできることが多いのです。また、ピルを服用していると、肝斑(かんぱん)ができることもあります。

これらのことから女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。このプロゲステロンのバランスが崩れる時期、妊娠初期やピルの使用時に肝斑(かんぱん)が発症してしまうことが多いのです。

50歳を過ぎて閉経を迎えるとシミは薄くなって自然に消えることもあります。 これらのことから、普通のシミのように外部からレーザー治療をすると、逆効果になるので内服薬で体の内側から改善することが推奨されているのです。

ところで、肝斑という名前の由来ですが、「シミの色が肝臓の色に似ているから」という説があります。しかし、肝臓の病気とはなんら関係がありませんのでご安心下さい。


シミの種類とその対策

肝斑(かんぱん)を知る前には、一般的なシミと勘違いしていましたので、シミについての対策ばかりしていました。

そもそも、肝斑(かんぱん)もシミの一種なのですが他にはどのようなシミがあるのでしょうか。

シミの種類

シミにはいろんな種類があるのはご存知でしょうか。子供の頃に見られるそばかすもシミの一種なのですよ。他にも次のようなシミがあります。
  • 老人性色素斑
  • 炎症後色素沈着
  • 雀卵斑
  • 肝斑
  • 摩擦黒皮症

なんだか難しい名前が並びましたが、簡単にご説明しますね。
老人性色素斑というのは老化による色素沈着でできるシミです。炎症後色素沈着は、ニキビ跡など炎症が起こった後に色素沈着をしたもので、火傷の跡などもこれにあたります。雀卵斑は字の可愛さから想像できるかもしれませんが、そばかすちゃんです。そして問題の肝斑は、主にホルモンバランスの崩れが原因とされるシミです。 摩擦黒皮症というのは、体を洗う化学繊維のタオルなどでゴシゴシこすりすぎるとできますので注意してください。

シミの対策

シミの対策はそのシミの原因を知ることから始まります。

例えば最近肝斑に効果があるとして有名になったトランシーノは肝斑(かんぱん)専門の内服薬ですので、他のシミである老人性色素斑や炎症後色素沈着、そばかすには効果がありません。

それぞれのシミの原因を知ることは対策を間違えないためにもとっても重要なことなのです。

次回は、肝斑(かんぱん)についてもっと詳しくとりあげたいと思います。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 肝斑(かんぱん)治療をする前に All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます